クレジットカードのブラックリスト詳細 » クレジットカードがブラックだと賃貸の審査はどうなる?

クレジットカードがブラックだと賃貸の審査はどうなる?

クレジットカードを申込んで審査に落ちると、まるでどんな申込も拒否されるような気になりますが、指定信用情報機関のCICで管理されるのは貸金業に関する信用情報だけですので、「クレジットカードがブラックだと賃貸の審査はどうなる?」ですとか「クレジットカードがブラックだと就職試験で落とされる?」などということはありません。

信用情報はとても大切なものですから、安易な気持ちで傷付けていいものではありませんが、お金を借りられない、クレジットカードで立て替え支払いを行えない、ETCカードなどクレジットカードを持っていなければ持てないカードを利用出来ないという不便がある一定の期間生じるだけであるとも言えるのです。

「クレジットカードがブラックだと賃貸の審査はどうなる?」の質問の場合は、普通の不動産会社でアパートやマンションを借りる場合に、クレジットカードで決済をしなければ借りられないという契約の物件は、借りられないかもしれませんがそういった契約は稀でしょう。

銀行口座からの自動引落しか、毎月決まった日までに家賃を持っていくかなどの方法で対処出来ると思いますので、クレジットカードが使えないということでの不具合はないはずです。

クレジットカード会社や消費者金融会社は、あなたからのローンの申込がなければあなたの信用情報の照会は出来ません。
同じように不動産会社もあなたの同意なしに、あなたの信用情報の照会は出来ないのです。
不動産会社があなたと賃貸契約を行う際に、指定信用情報機関のCICの信用情報を照会するという契約を行うことはありません。

つまり、「クレジットカードがブラックだと賃貸の審査はどうなる?」ですとか「クレジットカードがブラックだと就職試験で落とされる?」などということはないのです。
ただし、銀行で住宅ローンや自動車ローン、学資ローンなどを申込んでも5年はクレジットカードの終了状況の記録は残るので、その間は銀行などへのローン申請も通らないということになるでしょう。