クレジットカードのブラックリスト詳細 » クレジットカードのブラックの期間・時効は?

クレジットカードのブラックの期間・時効は?

一般的にブラックリスト・クレジットカードのブラックと言われているのは、指定信用情報機関のCICに保有されている個人の信用情報のことです。
クレジットカードの審査で何度も落ちる、審査に通らない理由が分からないという場合には、指定信用情報機関のCICに自分の信用情報の開示を申請しチェックをしてみることをオススメします。

クレジットカードの審査に通らない理由として考えられるのは、すでにクレジットカードのクレジット情報で返済の延滞があり、しかもそれが3ヶ月以上のものになってしまい「異動」という記録が残ってしまったということが考えられます。

「異動」の記録が残ると返済をした日から5年間はその記録が残ります。
つまり「クレジットカードのブラックの期間・時効は?」という質問に関して答えると、延滞を解消してから5年が時効といえるのです。

しかし、ここで注意が必要なのは「延滞を解消してから」という条件が付くところです。
つまり、延滞を解消していないのであれば、「クレジットカードのブラックの期間・時効は?」という質問に関しては未来永劫時効は訪れないということです。

新しいクレジットカードを作ろうとしても、「異動」というブラックな情報があれば、それが理由となってクレジットカードの審査はいつまでも通らないでしょう。

また、延滞がなくてもクレジットカードのキャッシングや分割支払い・リボルビング支払いは総量規制の適用を受けます。
つまり、年収が600万円で既にクレジットカードやカードローンの借金が200万円以上残っていれば新しいクレジットカードの審査は通らないでしょう。

厳密に言えばブラックではありませんが、クレジットカードやカードローンの借金が年収の3分の1以下にならなければ、クレジットカードの機能を利用することが出来ないのが明らかなので、クレジットカードの審査は通らないのです。
この場合の「クレジットカードのブラックの期間・時効は?」という質問には、年収をアップさせて貸金業の総量規制に掛からない枠を広げるか、現在の借金を減らすしかないというのが答えなのです。