クレジットカードのブラックリスト詳細 » クレジットカードがブラックだとローンはできないのか?

クレジットカードがブラックだとローンはできないのか?

クレジットカード会社にクレジットカードを申込んで、審査に通らないことを何度か繰り返してしまうと、自分がクレジットカード会社のブラックリストに載ってしまったのではないかと思ってしまいがちですが、審査に通らない理由は必ずしもブラックという信用情報が傷ついた状態ではない場合もあります。

つまり、クレジットカードの返済日に返済が出来ずに3ヶ月以上経ってしまったり、自己破産を裁判所に認められたりする場合の法定免責、貸倒処理が行われた場合などはブラックとして判断されると思いますが、貸金業法の総量規制に引っ掛かって、年収の3分の1を超える借金があってクレジットカードの審査が通らないのであれば、その条件がクリアされれば、普通にまたクレジットカードが使えるようになるからです。

「クレジットカードがブラックだとローンはできないのか?」と思っていても、年収がアップしたり、年収の3分の1を超える借金が年収の3分の1以下になればまた普通にローンやキャッシング、リボルビング支払いが出来るようになるのです。

ですから、クレジットカードの審査に通らないというだけで、自分のクレジットカードがブラックになってしまったと早合点しないことも重要です。

では、本当に延滞や法定免責、貸倒処理などが行われた場合はどうなるでしょう。
これらの記録は指定信用情報機関のCICでは5年間保有されます。
あくまでもクレジットカードが終了状況という状態になってからですから注意が必要です。
ブラックであった事実は5年で消えますが、それはあくまでも指定信用情報機関のCICの記録であって、終了状況はそれぞれのクレジット会社には記録が残ると言われていますので、「クレジットカードがブラックだとローンはできないのか?」という質問で、一度でもブラックになるとローンができないクレジットカード会社も出来てしまうというのが一番答えに近いと思います。

法定免責でも7年あれば普通にローンも組めるようになると言われています。